神戸駅徒歩2分のボクシングジム【KSBC:神戸スポーツボクシングクラブ】

サイトマップ
MENU
トップページ
KSBC案内
コース案内
体験案内
入会案内
規約
アクセス
会員様紹介
練習内容
虎の巻
Q&A
BLOG
お問い合わせ
相互リンク

【神戸で楽しくボクシングを始めるなら♪KSBC】


【スタンス〜パンチ】



【スタンス】 〜すべてのパンチはここから始まる基本姿勢。打ち終わった後はこの基本スタンスに戻ること〜


打つ瞬間に拳を握ること、きちんとナックル(人差し指と中指の拳、いわゆる拳頭)で当てることを意識して行なう。
1・肩幅か、それより少し広めに足を開き、利き腕の足を半歩後ろへ。両足のつま先を斜め前45度へと平行に向ける
2・利き腕の方を後方に引くようにし、半身の状態で顔だけ正面を向くようにする。
3・小指から順番に握っていき、親指を人差し指と中指の間位に置く。
  ※この際に親指を中で握ったり人差し指の横に置いたりしない事(ケガ防止の為)
4・力を抜いて拳の指は軽く握っておく
5・右拳をアゴ(頬骨辺り)の横に付けるようにして、左拳は目線の高さでやや前方に置く
6・脇を締めて少し背中を丸めるようにする。
7・後ろ足のかかとは浮かして、膝を柔らかく保つ。
8・やや上目づかいでアゴを引き、手首を曲げないようにして、ガードの間から相手を覗き見るようにする。

 

【ジャブ】 〜【左を制するものは世界を制す】、最もシンプルだが、最も奥が深いパンチ〜


ボクシングの基本中の基本であるジャブ。ダメージを与えるというよりスピードを意識し、距離を測る、リズムをとったり相手の攻 撃を遮断する目的で打つ。
1・真っ直ぐ最短距離で拳を前に突き出す。
2・脇が開かないように、肘の位置が外に開かないように真っ直ぐ打つ。
3・拳を前に出すのと同時に、左足の親指付け根で地面を軽く踏むように体重移動する。
4・拳を前に出すのと同時に、肩を回しながらリーチを活かし、打ちこむようにする
 ・当たる瞬間の位置で拳を握るようにする。
 ・反対の拳、右の拳は顔に付け、ガードにしておく。
 ・慣れてきたら、拳を当てる瞬間に内側へ少し捻るようにスナップを利かせる。
 ・慣れてきたら、パンチを出した時よりも早く腕を戻すようにスナップを利かせる。
6・打ったら直ぐに基本フォームへ戻る


【右ストレート】 〜まっすぐ打ち込む一撃必殺のパンチ〜


体重を左足のつま先からヒザにしっかり乗せる。反対の手は顔をしっかりガードする。
1・地面を蹴るようにして、後ろの足のつま先を軸にして、かかとを外に回す。
2・かかとを外に回しながら、右膝をやや内股にして、腰に回転を伝える。
3・腰の回転と共に、肩に回転を伝え、右腕を前に押し出すように拳を突き出す。
 ・当たる瞬間の位置で拳を握るようにする。
 ・反対の拳、左の拳は顔に付け、ガードにしておく。
 ・体の軸がぶれないように脇を締めつつ、内側から最短距離で打つように注意する。
 ・しっかり前の足でブレーキを掛けるように体重を乗せる。
 ・慣れてきたら拳を当てる際に、内側へ捻り込むようにしてスナップを利かせる。
 ・力をいれようとして、打つ前に拳を引いたり、肘を動かしたりしない事。
 ・ジャブを戻す反動を利用するとより強く打てる(ワンツー)
4・打ったら直ぐに腕を引き、基本フォームへ戻る


【左フック】 〜横から揺らすので死角になりやすく、プロの試合ではKOの70%近くは左フックとも言われている〜


体の軸をぶらさず、上半身を水平に回転させて打つ
1・左足に体重をかけて脇を締めたまま体を少し捻り、体の捻りで"タメ"を作る。
2・左足で地面を蹴るようにし、体重を右足に移動させながら、肘の位置を地面と水平にするように体を捻る
3・体がやや後方に、体重を右足に乗せつつ、左足はかかとが外を回るように回転するように打つ。
4・打った際は、左肩で顎が隠れるように「自然と防御」にもなっているようにする。
 ・当たる瞬間の位置で拳を握るようにする。
 ・反対の拳、右の拳は顔に付け、ガードにしておく。
 ・拳の向きは地面に対して水平や、斜め位、縦など主に3つの打ち方があるが、どれも拳が当たるように注意する。(手の平側が当たるとオープンブローという反則になる)
 ・腰の回転、体の軸がぶれないことを意識して打つ
5・打ったら直ぐに基本フォームへ戻る


【右フック】 〜接近戦のKOパンチ。当たれば威力は大〜


威力はあるもののモーションが大きくなるのでいきなりは当たりにくい。主に攻撃の補助として使う。
(※本能で打てるパンチであり、傷めやすいパンチでもあるので、敢えてミット打ちではあまりコンビネーションに取り入れない)

1・右ストレートと同じように、左足に体重を移動させつつ、肘の位置を地面と水平にしながら体を捻る
2・拳の向きは、当たる際に手の甲を上に向ける。
 ・当たる瞬間の位置で拳を握るようにする。
 ・反対の拳、右の拳は顔に付け、ガードにしておく。
 ・体は最初から開いている分、左フック程捻りすぎなくていい(ただでさえ遠い距離であり、そこから捻るとさらに遅くなる為)
3・打ったら直ぐに基本フォームへ戻る


【左アッパー】 〜下から突き上げる、接近戦や、相手のダッキングに合わせて打てば非常に有効なパンチ〜


肩を支点に膝のバネを使って上側の前方に突き出す
1・肩を支点にグッとヒジを後ろ(拳がお腹の辺りになるように)に引く。その時脇を締めておく事。
2・ヒジを引くと同時に膝を曲げて重心を落とし、上側前方に突き出すように打つ
 ・腰を入れるより膝のバネで打つようにする
 ・体が後ろへ反らないように注意する。
 .肘の角度、距離によって、ショートアッパーやロングアッパーと使い分ける。
3・打ったら直ぐに基本フォームへ戻る


【右アッパー】 〜隙は大きいが破壊力は絶大〜


破壊力は大きいがスキが出来易いのでバランスを崩さないように
1・左アッパー同様、ヒジを後ろ(拳がお腹の辺りになるように)に引く。その時脇を締めておく事。
2・・ヒジを引くと同時に膝を曲げて重心を落とし、上側前方に突き出すように打つ
 ・左アッパーよりも距離が長い分、必然的に腰の捻りも大きくなる
 ・腰を入れるより膝のバネで打つようにする
 ・体が後ろへ反らないように注意する。
 .肘の角度、距離によって、ショートアッパーやロングアッパーと使い分ける。
3・打ったら直ぐに基本フォームへ戻る

【ワンツー(左ジャブ→右ストレート)】 〜まず最初に、完璧にマスターすべき一番重要なコンビネーション〜


シンプルながら効果は絶大、スピードとタイミングが重要
1・まずはワンのジャブを距離とタイミングを計るつもりで軽く打つ
2・左ジャブを素早く戻しながら、途中で拳と拳が交差するタイミングで右ストレートを打つ
 ・ワン、の後にツーではなく、ワンとツーが途中で交差する位のタイミングで、慣れてきたらなるべく早いテンポで打つ
 ・前に小さい円をイメージして、その内側を通すように練習するとえぐるようないいワンツーが打てる
 ※そういうパンチは最短距離からくるので相手からは見えずらくもあり、当たりやすい
3・打ったら直ぐに基本フォームへ戻る


【左ボディー】 〜ボディ打ちの王道、レバーブロー〜


重心を低くして体を安定させ、引くことを考えずに威力を重視して打ち込む
1・左足への体重移動とともに、左拳を腰辺りまで下げながら体を捻る
2・腰を落として体を安定させた状態で、腰を右へ鋭く回転させると共に左拳を相手のお腹辺りへ突き刺すように打ちこむ。
 ・相手の右ストレートを避けて、相手のお腹の空いた所を狙うイメージで打ち込む
3・打ったら直ぐに基本フォームへ戻る

【右ボディー】 〜当たっても威力はあまりないといえるが、接近戦でコンビネーションと混ぜたりして使いたいパンチ〜


攻撃の起点に、フェイント、コンビネーションを混ぜて打つ
1・右ストレートと同じように、体重を前足に移動しながら上体を低くして踏み込む
2・拳の軌道は弧を描くようにし、体重移動の勢いを利用しながら腰を回転させ、相手の腹部に打ちこむ
 ・状態を低くして相手の懐に入っていく時に、ジャブや左フックをカウンターで合わされないように注意する
3・打ったら直ぐに基本フォームへ戻る


【カウンターパンチ】 〜決まれば威力は抜群!〜


攻撃と防御が一体となった攻撃方法。
相手がパンチを打つタイミングに合わせて打つパンチをカウンター・パンチという。相手の踏み込みの勢いや、回転運動による勢 いが加わるので、相手に与えるダメージを増大させる事ができる。
タイミングさえ合えばたとえパンチ力が無くても一発でのKOが可能。
主な方法としては簡単に以下の3つ。
・相手がパンチを打つ瞬間に打つ
・相手のパンチを裁いて打つ
・相手のパンチを避けながら打つ



 



体験・見学等、お気軽に
お問い合わせよりご連絡下さい
神戸スポーツボクシングクラブ
〒650-0026 神戸市中央区古湊通1丁目1-23 K&S神戸駅前ビル4F TEL:078-360-1024

                                       HOME