神戸駅徒歩2分のボクシングジム【KSBC:神戸スポーツボクシングクラブ】

サイトマップ
MENU
トップページ
KSBC案内
コース案内
体験案内
入会案内
規約
アクセス
会員様紹介
練習内容
虎の巻
Q&A
BLOG
お問い合わせ
相互リンク

【神戸で楽しくボクシングを始めるなら♪KSBC】


【ア行】



【アウトボクシング】


相手との距離を中・遠距離に保って戦うボクシングのこと。足腰、膝の柔らかさが必要で、巧みなフットワーク が必要とされる。

【アップライト・スタイル】


上体を猫背にせず真っ直ぐに立てた構え方。アウトボクサーに多い。

【インターバル】


試合のラウンド間に与えられる1分間の休憩時間。

【インファイト】


接近戦のこと。

【ウィービング】


上体を上下、左右、または斜めに振って頭の位置を動かす防御方法のこと。

【オーソドックス・スタイル】


左足、左手を前に出して構える基本的な構え方。又は右構え。

【オープン・ブロー】


グローブを握らず開いた状態でパンチを出す、グローブの内側でパンチを当てること。危険行為とみなされ 警告、原点の対象。



【カ行】


【ガード】


相手の攻撃を防ぐために体の前で構えた手のこと。基本姿勢で構えればガードを作った状態になる。

【カウンター・ブロー】


相手がパンチを打つタイミングに合わせて出すパンチ。こちらに向かってくる勢いを利用するので与えられるダメージの量が増大する。


【クイーンズベリー・ルール】


近代ボクシングの基礎 となったルール。1ラウンド3分、1分のインターバル、グローブの着用などが規定された。

【クラウチング・スタイル】


背中を丸め上体をかがめた構え方。ファイタータイプの選手が使うことが多い。

【クリンチ】


選手同士の体が密着し、競技の続行ができなくなった状態。

【グロッキー】


試合中、スタミナの極度の浪費、ダメージの蓄積によってダウン寸前までに疲労困憊した上体。

【クリーンヒット】


アマチュアでいう得打点、プロでいう有効打のこと。クリーン・エフェクティブ・ヒットともいう。

【計量】


試合前に行なわれる体重測定のこと。アマチュアでは試合当日の8〜10時の間の指定された時間に計量するのが原則とされて いる。プロの場合はJBCが指定した時刻(原則として試合前日の午後4時から午後8時の間)に行なわれる。

【ゴング】


ラウンドの開始時と終了を知らせるための鐘。


【サ行】


【サークリング】


相手を中心に円を描くようにして移動すること。


【サウスポー・スタイル】


右足、右手を前に出した構え方。オーソドックス・スタイルを鏡に映した形、つまり逆の構えになる。


【サミング】


グローブの親指で相手の目を突く行為。反則行為の一つ。


【サンドバッグ】


パンチの練習で使用する練習用具。もともと俗称で欧米では「ヘビーバッグ」「トレーニングバッグ」という。


【暫定チャンピオン】


チャンピオンが海外遠征、負傷その他正当な理由でタイトル防衛戦を行なえない場合におかれる暫定的なチャンピオンのこと。


【ジャッジ】


試合の採点をする審判員。アマチュアは3名か5名。プロでは2名か3名。


【ショート・パンチ】


相手に近い距離から放たれるパンチ


【ショート・レンジ】


近距離のこと。接近戦を行なう選手間の距離。


【スイッチ】


試合中、オーソドックス・スタイルとサウスポー・スタイルを切り替えて使うこと。相手を惑わす目的で使われる事が多い。


【スタンディング・カウント】


アマチュアの試合の場合、打撃を受け、攻撃も防御もできない状態でロープに寄り掛かっているとき、または立っている状態でも 半ば意識を失って競技を続けられないとレフェリーが判断したときにダウンと見なされて数えられるカウントのこと。


【ストッピング】


グローブの手のひらを使って相手のパンチを押さえ込むようにして受け止める防御技術。


【スパーリング】


試合に一番近い実戦練習。一般的に14〜16オンスのグローブを使い、体重、実力が同程度のもの同士でヘッドギアを装着して 行なう。


【スリップ・ダウン】


足を滑らす、押されてバランスを崩すなどして、パンチによるダメージなしに倒されること。ノックダウンとは見なされず、カウントも されない。


【タ行】


【ダウン】


ノック・ダウンの事。相手のパンチによる打撃で床に膝や手がついた状態。

【ドクター・ストップ】


負傷の状態が試合続行に不適切であると医師が判断した場合、試合は終了する。アマチュアはR.S.C、プロはT.K.O扱いとなる。



【ナ行】


【ナックル・パート】


拳の親指以外の第2関節から第3関節に至る部分。

【ニュートラル・コーナー】


赤コーナーと青コーナー以外の他の2つをニュートラル・コーナーと呼ぶ。相手をダウンさせた場合、レフリーからの指示があった 場合などはニュートラル・コーナーで待機する。

【ノー・コンテスト】


無効試合のこと。選手双方がルール違反を起こすといった理由でレフリーが双方を失格とした場合に無効試合となる。



【ハ行】


【ハード・パンチャー】


強打者のこと。スラッガーともいう。

【バッティング】


頭、肩、膝、肘で相手を打つこと。警告、減点の対象。

【パンチング・グローブ】


サンドバッグなどを叩くときに用いるグローブ

【ヒット・アンド・アウェイ】


比較的遠距離から踏み込んでパンチを当てた後、すぐにバックステップなどで相手の射程外まで距離をとる戦法。

【ファイター・タイプ(ファイター)】


前進力が強く、手数を多く出す攻撃的なスタイルの総称。接近戦を得意とすることが多い。

【フリッカー・ジャブ】


拳を腰付近まで下げたところから出すジャブ。普通のパンチと違う軌道から速いパンチを出せる利点がある反面、ガードを下げる ので危険を伴う。巧みなフットワークと高い防御技術が必要とされる。

【ブレイク】


レフェリーがクリンチを解いて両選手に距離をとるように命ずること。ブレイク時の加撃は反則。

【ヘッド・ギア】


頭を打撃の衝撃から守る防具。アマチュアの試合、マスボクシング、スパーリングなどで使う。

【ホールディング(ホールド)】


故意に相手の手を抱えたり押さえ込んだりして動きを封じる行為。警告、減点の対象。

【ボクサー・タイプ】


フットワークを巧みに使いながらジャブを出し、打たせずに打つボクシングの基本技術を忠実に実行するスタイル。中・遠距離で の戦いを得意とする。

【ボクサー・ファイター】


ボクサー・タイプ、ファイター・タイプの両方の特質をあわせもった選手のこと。


【マ行】


【ミドル・レンジ】


中間距離・中距離のこと。ショートレンジとロングレンジの中間をいう。

【マスボクシング】(実際には当てない実戦形式のボクシング)


実践的な対人練習。当クラブでは原則、顔には直接当てない寸止めのボクシング。相手にパンチがあたる手前で手を止める(寸 止め)やり方、相手との距離を長めにとってパンチが当たらないようにするやり方などがある。
拳は握らずに行う。
攻撃に回る側は相手の防御の隙を見つける練習、コンビネーション、リズム、距離感を掴む練習 になる。
防御に回る側は、相手の攻撃に目を慣らして、防御のタイミングを掴む練習 になる。
基本的に当てない練習だが、防御などが明らかに間に合っている場合などは防御の上から軽く当てたりすることもある。
防御勘、フェイント、コンビネーション、距離感、リズム、タイミングなどの習得の練習がダメージなく行え、非常に有効な実戦練習 。
バリエーションとしては、あらかじめコンビネーションを決めた上、攻防を分けて行なうマスボクシングや、一方が攻撃、一方が防 御といったふうに分かれておこなうマスボクシングもある。

※当ジムでのマスボクシングは寸止めの徹底をお願いします。

【マススパーリング】(軽く当てるスパーリング)


当クラブでは、マスボクシングの延長でヘッドギアを着け、軽く当てる練習の事を指す。 脱力する事と、距離感を養う練習、恐怖心を克服するといった意味合いもある。




【ラ行】


【リーチ】


両手を横へ広げて伸ばした時の右手の先端から左手の先端までの長さ。

【リング・ジェネラルシップ】


試合の流れを支配する度合い。試合運びの巧さのこと。プロの試合の採点基準のひとつ。

【レフェリー】


リング上で試合を監視、管理し、ルールを遂行する全権を持つ。

【レフェリー・ストップ】


一方的な試合展開、負傷、強いクリーンヒットがあった場合などにレフェリーが試合終了を宣言すること。アマチュアではレフェリ ー・ストップ・コンテスト(R.S.C)という。

【ロー・ブロー】


ベルト・ラインより下へのパンチによる攻撃。警告、減点の対象。反則打。

【ロング・レンジ】


遠距離のこと。踏み込まないとお互いのパンチが届かない程度の選手間の距離



体験・見学等、お気軽にお問い合わせよりご連絡下さい
神戸スポーツボクシングクラブ
〒650-0026 神戸市中央区古湊通1丁目1-23 K&S神戸駅前ビル4F TEL:078-360-1024

                                       HOME